メニューを飛ばして本文へ移動する

教育実習

福岡教育大学では、1年次から学校教育現場を体験し、4年間にわたって幼児?児童?生徒と関わりながら実習が行えるような体制を整えています。
各年次においてそれまでに学んだ教職に関する基礎的な知識や方法論を基に実習に臨むことで、卒業までに教科指導や生徒指導等を行う上で必要となる実践的指導力の基礎を身につけることができます。

学校教育3課程(初等教育教員養成課程、中等教育教員養成課程、特別支援教育教員養成課程)に所属する学生の教育実習の流れ

初等教育教員養成課程

1年次 【体験実習】
福岡県内の小学校?園で授業?保育等を参観?補助します。今日の学校教育、教職について理解し、教職への意欲確立、学修の動機付け等を図り、教育者の視点を体験します。
2年次 【観察参加】
附属小学校?園において3年生の本実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。

【基礎実習】
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。附属小学校?園で授業?保育を参観します。これらの授業を分析?考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 【本実習】
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。3年次に、附属小学校又は福岡県内の小学校で本実習を行います。(幼児教育選修を除く)
幼児教育選修所属の学生は、3年次に附属小学校で本実習を行い、さらに、附属幼稚園で本実習を行います。
4年次 【教育総合インターンシップ実習】
1年次から3年次までの教育実習や教職?教科専門科目などで学習した成果を総合?統合して、協力学校での実践に応用することにより、教師としての資質及び力量を高めることを目指します。
※附属小学校は、福岡、小倉、久留米の三地区にあり、実習期間中は、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りている学生もいます。
※副免許状として、中学校や高等学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力中学校(出身校等)で教育実習を行います。
※なお、副免許状の実習は同一年次に複数の実習に参加することは出来ません。

中等教育教員養成課程

1年次 【体験実習】
福岡県内の中学校で、授業等を参観?補助します。今日の学校教育、教職について理解し、教職への意欲確立、学修の動機付け等を図り、教職者の視点を体験します。
2年次 【観察参加】
附属中学校において3年生の教育実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。

【基礎実習】
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。附属中学校で授業を参観します。これらの授業を分析?考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 【本実習】
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。
3年次は附属中学校で本実習を行います。
4年次 【本実習】
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。
4年次は協力高等学校(出身校等)で本実習を行います。

【教育総合インターンシップ実習】

1年次から3年次までの教育実習や教職?教科専門科目などで学習した成果を総合?統合して、協力学校での実践に応用することにより、教師としての資質及び力量を高めることを目指します。
※附属中学校は、福岡、小倉、久留米の三地区にあり、実習期間中は、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りている学生もいます。
※副免許状として小学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力小学校(出身校等)で教育実習を行います。
※なお、副免許状の実習は同一年次に複数の実習に参加することは出来ません。

特別支援教育教員養成課程

1年次 【体験実習】
福岡県内の特別支援学校で、授業等を参観?補助します。今日の学校教育、教職について理解し、教職への意欲確立、学修の動機付け等を図り、教育者の視点を体験します。
2年次 【観察参加】
附属学校において3年生の教育実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。

【基礎実習】
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。附属小学校及び中学校で授業を参観します。これらの授業を分析?考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 【本実習】
実際に教壇に立って本実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。
初等教育部は附属小学校で、中等教育部は附属中学校で本実習を行い、さらに、福岡県内の協力特別支援学校で本実習を行います。
4年次 【教育総合インターンシップ実習】
1年次から3年次までの教育実習や教職?教科専門科目などで学習した成果を総合?統合して、協力学校または附属学校での実践に応用することにより、教師としての資質及び力量を高めることを目指します。
※附属小?中学校は、福岡、小倉、久留米の三地区にあります。また、特別支援学校での本実習は、原則として、福岡県内の特別支援学校の協力を得て行います。実習期間中は、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りている学生もいます。
※初等教育部所属の学生で、副免許状として中学校及び高等学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力中学校(出身校等)での教育実習を行います。
※中等教育部所属の学生で、副免許状として小学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力小学校(基本は実習生の出身校等)での教育実習を行います。

教育実習関係書類ダウンロード(実習校向け)

(1)教育実習評定表
本学学生の教育実習にあたり電子データ様式をご入用の場合は、下記添付ファイルをダウンロードください。
作成いただきました教育実習評定表は、返信用レターパックに同封の上、本学教育支援課実習担当宛に送付ください。
なお、評価方法等につきましては、実習実施年度に本学から郵送いたします「教育実習指導のしおり」を参照ください。

※教育実習評定表に記載する実習生の所属や氏名等につきましては、教育実習受入依頼書に記載の表記に統一くださいますようお願いいたします。
※体験実習及び教育総合インターンシップ実習につきましては、当該教育実習評定表は使用しませんのでご注意ください。
(2)御意見等記入表
本学及び実習生へのご意見等をご記入いただきたく存じます。今後の教育実習をはじめ、本学体制の改善に向けて、参考にさせていただきます。
なお、送付については(1)教育実習評定表と併せて返信用レターパックにて、本学教育支援課実習担当までご送付ください。

お問い合わせ先

教育支援課 実習担当(学生センター②番窓口)

TEL:0940-35-1233、1270
E-mail:jisshu★fukuoka-edu.ac.jp
※★は@に置き換えてください。