メニューを飛ばして本文へ移動する

教育実践力開発コース

確かな教育実践力と識見を持ち、現実の教育課題解決をめざす 意欲的な教員を育てる

コースの特色

学部段階で修得した教員としての基礎的?基本的な資質能力を前提に、教育状況を俯瞰する広い専門的視野をもち、確かな学校教育活動の即戦力となる実践的指導力を持った教員を養成します。
即戦力となる実践的指導力の具体として、本コースでは「学級経営?教育環境に関する領域」、「教員としての人間関係形成力に関する領域」、「教科?領域等の実践的な指導方法?教材開発及び授業改善に関する領域」の3つの領域で展開していきます。
本コースは、学部新卒学生?社会人等を対象としており、高度な実践的指導力を強化し、新しい学校づくりのホープとなる即戦力としての教員を養成するために、「初等教科教育高度実践力プログラム」、「中等教科教育高度実践力プログラム」、「教職教育高度実践力プログラム」に加え、小学校教員免許状が取得できる「初等教育高度実践力特別プログラム」の4つのプログラムを開設しています。

コースの強み

  • 教員採用試験合格者への採用猶予制度

    福岡県?福岡市?北九州市などの各自治体では、教員採用試験を学部4年次に合格した場合、申請を行うことにより2年間採用が猶予されます。
    入学者のうち、2021欧洲杯比分2年度、2021欧洲杯比分3年度は5名ずつ、2021欧洲杯比分4年度は7名が、この制度を利用しています。
    この制度を活用し、教職大学院で2年間修学し、自信を持って教壇に立つことができます。
  • 教員採用試験の特別選考

     福岡県、福岡市については教職大学院1年次から、北九州市は修了予定者に対し、教員採用試験において、特別選考(一次試験 筆記免除等)を実施しています(2021欧洲杯比分4年度実施分)。
  • 初任者研修の一部免除

    採用後、初任者教員に実施される研修について、教職大学院修了者については、一部免除される教育委員会があります(例:福岡県?北九州市)。
    例えば北九州市では、校内研修及び校外研修の一部が免除されます。
  • 充実した学び(理論と実践の往還)

    教職大学院での学びは、実践的なシミュレーション、多種多様な実習、特別支援教育など、充実したものとなっています。理論を学び、多様な実践を経験することで、教員となる心構えができ、教壇に立つ際の自信につながります。
  • 修了後にもいきるネットワーク

    教職大学院には、学校長や教育委員会経験者である実務家教員、教育研究の専門家である研究者教員が多数在籍しています。教員や現職教員院生との学び合いを通じて、修了後の教員生活へとつながる心強いネットワークを作ることができます。

対象者

大学卒業者(卒業見込みの者を含みます。)または社会人で、以下の教員免許状を取得(取得見込みを含みます。)している者
 
○初等教科教育高度実践力プログラム:小学校教諭一種免許状
○中等教科教育高度実践力プログラム:中学校教諭一種免許状(国語、社会、数学、理科、保健体育、外国語(英語))のいずれか又は高等学校教諭一種免許状(国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、外国語(英語))のいずれか
○教職教育高度実践力プログラム:小学校、中学校及び高等学校のいずれかの教諭一種免許状
○初等教育高度実践力特別プログラム:小学校以外の学校種教諭一種免許状
 
※詳細は、募集要項をご確認ください。

教育実践力開発コース入学者の出身大学(50音順)

大分大学 / 大阪教育大学 / 大阪体育大学 / 岡山理科大学 / 沖縄大学 / 鹿児島大学 / 鹿屋体育大学 / 環太平洋大学
北九州市立大学 / 九州共立大学 / 九州産業大学 / 九州女子大学 / 九州大学 / 京都女子大学 / 熊本大学 / 久留米大学
神戸親和女子大学 / 高知工科大学 / 公立鳥取環境大学 / 駒澤大学 / 佐賀大学 / 下関市立大学 / 信州大学 / 西南学院大学
創価大学 / 筑紫女学園大学 / 中京大学 /鎮西学院大学/ 都留文科大学 / 東亜大学 / 東京理科大学 / 徳島文理大学/
鳥取大学/長崎大学 / 長崎県立大学 / 名古屋外国語大学 / 鳴門教育大学 / 西九州大学 / 西日本工業大学 / 
梅光学院大学 / 広島大学 / 広島文教女子大学 / 福岡教育大学 / 福岡工業大学 / 福岡女学院大学 / 福岡大学
北海道教育大学 / 宮崎公立大学 / 宮崎産業経営大学 / 名桜大学 / 安田女子大学 / 山口大学 / 山口学芸大学 / 立正大学
立命館大学 / 

学校における実習

1年前期  TA実践インターンシップⅠ(2単位)
1年後期
TA実践インターンシップⅡ(2単位)
2年前期
TA実践インターンシップⅢ(2単位)
教育実践コラボレーション実習(2単位)
2年後期
TA実践インターンシップⅣ(2単位)
TA 実践インターンシップⅠ
学校における実習の導入として位置づけ、自己の教育実践における研究課題の発見に焦点をあてます。附属小中学
校での8 日間程度の実習に加え、近隣の公立学校で3日間程度の実習を行います。

TA 実践インターンシップⅡ~Ⅳ
志望する学校種の連携協力校等で、TA として参画することを通して学校での実務について理解を深めるととも
に、各自の研究関心に応じた課題の追究を行います。各期で10 日間程度の実習を行います。

教育実践コラボレーション実習
志望する校種以外の学校で10 日間程度の実習を行います。授業分析、参与観察、リフレクションを通して学習者の
成長を俯瞰する一貫した教育の意義について理解を深めます。

コース紹介動画